銀行と消費者金融のおまとめローンの違いとは?

様々な金融機関がおまとめローンを取り扱っています。そして、取り扱う金融機関によっておまとめローンに違いがあります。銀行と消費者金融では、それぞれに特徴を持っています。違いを知って、自分はどちらのローンでまとめるのが最適なのかを選びましょう。

消費者金融のおまとめローンの大きな特徴は、貸金業法に基づいているということです。そのため、現在のローン、つまりまとめるローンが貸金業者からの借り入れであることが条件となっています。消費者金融からの借り入れや、クレジットカードのキャッシングであればまとめることができます。銀行からのローンはこのおまとめローンでは利用できません。

貸金業法に基づいていますが、利用者にメリットがあるため、年収の3分の1までしか借りられないという貸金業法の総量規制では例外となっています。そのため現在の借り入れが年収の3分の1を超えていても、申し込みすることができます。消費者金融のおまとめローンでは、現在の借入額以上の額は申し込みできず、途中で追加借り入れなどもできないものが多いです。つまりこういったおまとめローンを選ぶと、一度借り入れしたら返済のみ行っていくわけです。確実に借入残高を減らしたい、追加借り入れをしてしまってなかなか完済に近づかないという方にとってはピッタリのおまとめ方法となるでしょう。

銀行のおまとめローンでは、現在のローンを制限していないものが多いです。銀行カードローンや、消費者金融のキャッシングなど、利用中のローンをまとめることができるでしょう。また、銀行のおまとめローンでは、カードローンなどと同様に限度額を決めて使えるタイプのものもあります。つまり、追加借り入れもできるおまとめローンもあるのです。これならとっさの出費などにも対応できるので、返済は確実に進めたいけれど、借り入れするかもしれないという方にも適しています。

もちろんそれぞれのおまとめローンによって特徴が違っていることもあります。おおまかに銀行と消費者金融のおまとめローンの違いを理解しておき、個別にローンスペックは確認しましょう。また、おまとめローン以外のローンでまとめるという方法もあります。
おまとめローン審査のおすすめポイント|銀行ローンの選び方はこちら