彼氏がお金を借りることに対してだらしない場合

彼氏の金銭感覚がルーズで、お金借りることに対して敷居が低くてだらしない場合、交際している女性はどうしたらいいのでしょうか。彼氏の借金癖がなかなか治らない場合は、きっぱり別れることも一つの選択ですが、お金を借りること以外は長所や魅力もあるので、別れる選択肢はないという人も多いでしょう。
彼氏と別れずに交際を続ける場合、お金を借りる癖を治さない限りは将来結婚をした場合も苦労をすることになります。新居を買ったり、子供が生まれたら大学卒業までの教育費も必要ですから、借金の返済でお金を消費するばかりではいけません。
別れない場合は、彼氏がお金を借りることをやめさせるために一緒になって取り組むか、自分が一緒になって借金を返済するか、二つの道があります。後者の場合は女性の側に金銭的に余裕があるならいいですが、お金を借りるたびに立て替えていては、彼氏はますますお金にだらしない人間になってしまうので注意が必要です。しっかり話し合いをしたうえで、自分が払った分は彼氏にきっちり返済させた方がいいでしょう。
お金を借りることをやめさせる場合は、自分は返済に協力するつもりはないとはっきり伝えることと、行動を改めるためにカウンセリングを受けることも重要です。ギャンブルが原因の場合なら、単なる性格の問題ではなくギャンブル依存症が現認かもしれないからです。ギャンブル依存症はれっきとした病気ですから、専門的な治療が必要なのです。